2017年12月18日月曜日

■毎年10月20日は、『床ずれ予防の日』みたいです!!...もう過ぎちゃってますが...。

 ‘‘じょくそう(褥瘡)’’は床ずれとも言われ、ベッド・布団や椅子などと皮膚が接触する部分に強い力が加わることで皮膚の血の流れが悪くなり皮膚やその下の組織がダメージを受けてできる損傷です。食事が十分とれない、自分で体を動かすことができない、トイレで排泄できないなどの方々にできやすいです。
 骨が突出している部分が赤くなっているのを見つけたら、かかりつけ医、ケアマネージャー、訪問看護師、在宅褥瘡予防・管理師および皮膚・排泄ケア認定看護師等に相談しましょう。

※海外では、毎年11月第3木曜日は、『世界褥瘡予防デー』です。



≪関連記事≫
■外用剤の上から化粧をしてもいいですか!?
■ステロイド外用剤を塗ると皮膚が黒くなるのは誤解!?
■ステロイド外用剤を塗ってから日に当たると皮膚が黒くなるのは誤解!?
■保湿剤とステロイド外用剤を同じ部位に塗るように指示された時の塗布する順序は!?


≪相互リンク≫

薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

2017年12月10日日曜日

■『エパデール』...タイで一体何が!?

持田製薬とMeiji Seikaファルマは、持田製薬の高純度EPA製剤『エパデール』について、Meiji Seika ファルマが『タイ』において独占的に開発・販売する契約を締結したと発表された。

うん!?
タイに一体何が!?



≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪相互リンク≫
薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記
旧病院薬剤師日記